デリヘルが最後の風俗ビジネス?

相次ぐ法改正によって規制は強化

現在、ほとんどの風俗産業に規制が入りました。デリヘルが唯一合法的に開業する事が可能な風俗です。

風俗は、人間の本能に訴える重要な産業でありながら、常に国から目の敵にされることを繰り返してきました。相次ぐ法改正によって規制は強化されてきました。

しかし、風俗に対する規制は最終段階に入っています。風俗営業法改正、都道府県の条例により店舗型風俗店は事実上出店不可能になりました。現在、営業をしている風俗店は、既得権を持っているところだけです。

デリヘルのような無店舗風俗店は最も実態が把握しにくく、地下にもぐって色々な犯罪の温床になる実態がありました。そのため届出制にすることで合法化し、実態をつかもうとしたのが現在に至るまでの経緯です。

そのような経緯を考えると、デリヘルは今や合法的に開業できる最後の風俗ビジネスと考えられます。

今後、デリヘルが非合法化されたとしても、営業しているデリヘル店には既得権が発生する可能性が高く、早く開業するメリットと言えます。

  • 風俗業界でデリヘルのシェアが増える理由
  • デリヘル起業まで270万円の内訳






  • 自動相互リンク buzzlink